トップインタビュー

  1. 名正運輸トップページ
  2. 会社案内
  3. 代表メッセージ


リージョナルからナショナルへ

代表取締役社長 加藤 新一


30年以上培った信頼と物流ノウハウ

創業者が先代の社長で、ワカメなどの海産物やしいたけなどの乾物の問屋さんの配達をしてたというのが創業で当時は車15台でやっていました。
弊社は創業当初から30年以上、物流センター業を営んできた事もあり、淘汰されることなく成長を遂げることができました。

30年以上前から多頻度少量の物流を配送と物流センター運営の両面で受託してきたことにより、ノウハウが蓄積されました。 それもドライバー、倉庫員、パートナースタッフ、アルバイトさんを始めとした、たくさんの人々に支えられてきて今があると感じております。


From regional to national.

今後の展開として、リージョナルからナショナルへということを考えています。
物流というのはほとんど東京の本社で管轄されてるんですよ。ですから、東京で認知されないと当然地方での仕事ももらえません。これからは地元名古屋、静岡はもちろんですが、首都圏で認知される大きな仕事を手がけていかないと弊社の発展も難しいと思っています。
現在の川崎営業所(川崎市川崎区)、前橋営業所、前橋西営業所(群馬県前橋市)を足がかりに大型のセンターを手がけて、首都圏の人に認めてもらえる会社になるというのが目標です。それがリージョナルからナショナルへということです。

首都圏での競争は激しいですが、私自身、そのためにこの3年やってきました。
幸い、良いスタッフにも恵まれ、また、管理体制の再構築中で、システムへの投資もしていますので、来年、再来年頃には充分な体力と体制もできていると思っています。


競争力があって、一人ひとりが豊かになれる会社にしたい。

この20年間思い続けていますが、競争力があって、一人ひとりが豊かになれる会社にしたい。どの様な会社にしたいんですか?と聞かれたら、その一言です。収入や時間、色々な事がありますが全てにおいて豊かにしたいと思っています。これまでもそうなる為に取り組んで来ましたが、まだまだ遠いです。

現在物流会社は全国で62,000社います。愛知県内ですと、多分そこそこの位置にはあると思います。ナンバーワンになる必要はないと思っています。オンリーワンの存在が大事だと思っています。だからこそ弊社は売上を追いかけることはせず、中身重視の仕事を行なってまいりますので 今後とも、ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。


プロフィール

名正運輸株式会社 代表取締役社長 加藤 新一

誕生日:昭和42年10月8日生まれ
出身地:愛知県
趣味:ゴルフ(HC11)、スキー(準指導員の資格あり)、筋トレ
好きな食べ物:辛いもの
性格:社交的
日課:早朝、飛島村ウォーキング
   週1回 会社のトイレ掃除
求める人材:弊社は能力よりも性格の方を重視しています。明るい方で、
      自分ができるとかできないとかというよりも、やろうとする気持ちを
      大切にする方がいいですね。
      明るさ、元気さ。あとはやる気です。


経営理念・経営方針



このページのトップヘ