安全への取り組み(施設・認証取得)

  1. TOP
  2. 会社を知る
  3. 安全への取り組み(施設・認証取得)

施設・認証取得からの安全への取り組みをご紹介します。

ISO39001

ISO39001

名正運輸では、交通事故ゼロの運行は何よりの品質であるという考え方のもと、道路交通安全の国際的なマネジメント・システムであるISO39001を2012年10月、国内初に取得しました。
その認証取得のため「乗務員の教育」と「ハード・ソフトの両面からのサポート体制」を2本柱として様々な安全管理対策を講じています。
■登録範囲:トラックによる一般貨物サービス
■関連組織:第一物流センター
ISO39001の詳細はこちらをご覧下さい。

PC連動型アルコールチェッカー

PC連動型アルコールチェッカー

全営業所にて東海電子社製のPC連動型アルコールチェッカーを使用しています。非常に精度が高いもので、万が一、アルコール反応があった場合は登録してあるE-mailアドレスにメールが送信される仕組みとなっています。本社に必ず連絡が来るため、絶対に飲酒酒気帯び運転をさせない、また飲酒に対してのモラル面での教育にも力を入れており、乗務員手引でも飲酒運転に関する項目を充実させています。

増トン車への切替

最近の環境規制に対する車輌設備の増加により、従来の4トン車と呼ばれる車輌では積載量の確保が難しくなって来ました。そのため当社では昨年度より代替する車輌はすべて車両総重量12トンの枠いっぱいの増トン車に一斉に切替を図っています。それにより積載量も通常だと2.2トン程度しか取れなかったものが4.8トンと2倍以上になり、過積載運行の恐れもなくなりました。 増トン車への切替

ドライブレコーダーの全車導入

ドライブレコーダーの全車導入

事故時の状況のため、ドライブレコーダーを全車に導入しました。万が一の事故時に乗務員の証言だけでなく、動画による状況確認も出来るため、相手との交渉に有効な手立てとして役立っています。衝撃を完治して録画する他、常時録画もかかっています。そのため新人乗務員の一人立ち後の運転チェックや抜き打ち確認等にも録画データを活用しています。
常時録画の特性を活かし、新人乗務員等に配送先の教育をする際にも過去に録画された映像を使いながら視覚的に訴えるような使用方法も今後展開していく予定です。

動態管理システムによる位置情報の把握

動態管理システムによる位置情報の把握

保有車輌の1/3超にあたる約100台の車輌に、GPSによる動態管理システムを取り付けています。リアルタイムで車輌の位置を把握出来るため、突発的な自己渋滞や通行止め等の影響を未然に防ぎ、乗務員に時間に余裕を持った配送を行わせる事が出来る事に役立っています。

全日本トラック協会によるGマーク認証の全営業所取得

動全日本トラック協会によるGマーク認証の全営業所取得

全日本トラック協会による客観的な安全管理・労務管理の認証制度であるGマーク(安全性優良事業所認定制度)を全ての営業所で取得、維持しています。
営業所設置後3年経たなければ、申請が出来ないため、要件を満たした営業所から順に全ての営業所で認証を取得しています。

登録事業所 登録番号
本社 2203978(2)
名古屋南 2404428
小牧 2503513(2)
大阪 2504254(2)
羽島 2502994(1)
榛原 2304274(2)
焼津 2503137(1)
静岡東 2503103(1)
沼津 2404197(2)
川崎西 2502538(1)
大井 2502047
  • 名正運輸求人情報
  • 採用QandA
  • 社長ブログ
  • 名正運輸

このページのトップへ