総合職インタビュー

総合職インタビュー

仕事が楽しくなるとプライベートも楽しくなって
自分にも自信がつきました

本社営業部 入社18年目 シニアマネージャー Oさん
本社 車両統括部 入社4年目 Kさん
飛島第二センター 一般社員 入社1年目 Fさん

名正運輸に入社した決め手は?

O僕の場合は、前職で自動車のライン工場で働いていて、毎日ずっと同じ作業をする中で転職を考えていて。友人が「こういう仕事もあるみたいだよ」と教えてくれたのがきっかけでしたね。
せっかくなので応募してみようと思い面接を受けたら、そのまま採用されて入社に至った感じです。その頃は仕事もきつくて、いろいろ大変だったんですけど、周りの人間関係が非常に良かったんですよね。

初めはドライバーで入ったのが、その後に配車係をするようになり、「どうせ事務所にいるから」という理由で倉庫の方を手伝うようになったら営業所全体が見えるようになってきたかな。
本社営業所で働くようになってから配車係や数字の管理を教えてもらい、「経営ってこういうことなんだ」という勉強をさせてもらいました。
今はその経験を活かして、営業としてお客さんに提案する役割としてがんばっています(笑)。

総合職インタビュー

K友人が、自分が勤めているわけでもない名正運輸を勧めてくれた、というのは何だかすごいですね。
僕は、ずっと小さい頃から祖父に「お前は会社に入るんだぞ」みたいなことを言われてきたので、それが当たり前だと思っていたんですよね。家業に就くのが当たり前、と。
なので何の疑問も抱かず入社して、その後に大変な仕事だと気付きました(笑)。
仕事は嫌じゃないけど業界全体として休みが少ないし、土日休めないし、入社して1年ちょっとは辛かったかな。
でも若さもあるし、周りの人が親切に教えてくれるから、仕事を覚えていくうちにだんだんと仕事が楽しくなっていきましたね。

総合職インタビュー

名正運輸の良いところは?

K名正運輸の特長は、『自社配送』『自社雇用』というところですね。

Oそうですね、本社エリアには派遣さんが一切おらず、全員が自社で雇用するパートさん、社員さんです。
社内教育を徹底することでより良い品質を目指していますし、みんながやってみたいことに挑戦して会社全体が良くなって欲しいと思っています。
あと、先程も話しましたが、働いている人がとても良い人ばかりなんですよね。
これまで仕事がきつい時も、事故やミスがあればみんなでフォローしてくれたり、「あまり気を落とすなよ」と声をかけてくれたりすることで何度も救われてきました。以前の会社ではそういうコミュニケーションはなかったので、そこがこの会社の良いところですね。

K特に現場はそうかもしれないですね。人を扱う仕事なので、人間性が良くないと上には立てないと思います。
事実、所長さんや現場の責任者になる人は、何かしら魅力のある人が多いイメージですね。
それにウチは基本的に優しいですよね。ノルマで追い詰めることもないですし、学歴や成績よりも人柄重視ですし。
たまに「優しすぎるな」とか「緩いな」と感じることもありますけど(笑)。

O他の会社よりは、意見も言いやすい気がします。
大企業だといちいち稟議書を書いてそれが通るか通らないかという話になりますが、ウチは意見を上げやすいし比較的やらせてもらえるので。だからドライバーも応えてくれるのだと思います。

K本社エリアはOさんのエリアなので、そういう傾向が強いかもしれないですね。Oさんは自由にやらせてくれるので。Fくんも何かあれば、どんどんやらせてもらってください。

F僕ですか(笑)。うーん、何かあるかな。

Oぜひやってほしいです、失敗したら一緒にごめんなさいするんで(笑)。
だってやってみないとわからないし、良くも悪くも、変わらないよりは変わった方がいいですしね。

総合職インタビュー倉庫

現在どんな仕事をしている?

F僕の場合、例えば昨日はあまり出荷がかからない新商品などがロケーション以外のところにあるので、そういう商品を集めて出荷の方に入ったりリフト対応したり、という感じです。
午後からは入荷の検品や出荷作業、とリフト対応、最後のチェック確認などを行って一日が終わります。
お客様は同じ企業様でも色んな店舗があったりするじゃないですか。その中の一つでも「すみません、間に合いませんでした」となるわけにはいかないので、ある程度の時間制限には追われています。パートさんの勤務時間帯も決められていますし。

Oシフト管理からスタートして、その日の物量に合わせた人員配置がうまく回って、進捗もきちんと確認できて、計画どおりに進んで思ったとおりの作業ができると、気持ちが良いよね。さっきのロケーション管理に関しても、いろいろ考えがあって工夫したことに対して効果が出ると、たまらないというか。

K良くも悪くも自分がやったことに結果が出るのは、やりがいに繋がりますよね。

総合職インタビュートラック

名正運輸で成長したと感じる部分

O僕の性格上、いい部分にしろ悪い部分にしろ、変な見方をしちゃうところがありましたが、今は誰とでもお話できるし、仲良くなれるようになりました。自分がそうしないと周りも合わせてくれないですからね。高校生の頃はそういう風に振るまえなかったので、多分ここに来て変わったんだと思います。

K確かにそういう部分は、ウチの業界ならではかもしれないですね。
僕の場合、仕事って「義務」とか「やらなきゃいけないもの」だと思っていたんですよね。学校と同じで、週5~6日行かなきゃいけない重荷のようなものというか。だけど自分が仕事をこなせるようになったり、自分に任せてもらえる仕事が増えたりするうちに、仕事に対する考え方が変わりました。以前大阪の工場に行ったとき、人手不足もあって僕にキャリア以上の仕事を任せてくれたことがあったのですが、そのときにいろいろ挑戦させてもらい、良い結果も悪い結果も自分に返ってきたことが、今思えば良い経験になっています。

総合職インタビュー事務室

仕事で大切にしていることは?

Fしいて挙げるなら品質ですかね。作業の向こう側にはお客様がいるわけなので、ケースならケース、バラならバラといった、求められるものや量をしっかりと出せるようにしたいと考えています。社員が自覚を持ってやっていかないと、パートさんに何も言えないっていうのもあるので。

K僕は仕事ってやっぱり楽しさが大事だと思うんです。
流山営業所と住之江営業所へ行った際の感覚が対照的で、流山営業所ではメンバーが多いこともあって受動的になってしまい、あまり楽しいと思って働いていなかったんです。でも住之江営業所ではメンバーが少なかったので能動的になれて、すごく仕事が楽しかったんですよね。
仕事が楽しくなるとプライベートも楽しくなって、自分にも自信がつきました。
どうせ65歳まで働かなきゃいけないし、だったらポジティブに捉えて楽しんだほうがいいんじゃないかな、と。
でも、仕事とプライベートをきっちりと分け過ぎると、その辺が難しいのかな。

Oいや、仕事とプライベートはバシッと分けたほうがいいと思うよ。今の若い人達はオンとオフの切り替えを重視していたり、プライベートを大事にしていたりするものじゃない?

Fそうですね、僕もそこは分けたいです。家帰ったら仕事のことは考えたくないし、話したくないです(笑) 。

Oそういう人がいてもいいと思う。仕事のことを自然に考えてくれるならいいけど、それがストレスになるくらいなら考えてほしくないしね。

K確かにそうですね。

総合職インタビュー

目指している資格や今後の展望は?

OFくんは、どういうことがしてみたい、というのはあるの?

F逆に、どのようなポジションや展望がありますか (笑) ?

O総合職でいうと、まずはスタッフになって、その後アシスタントの階級があって、リーダ―、マネージャーという感じかな。リーダ―以上になると管理職になってくるので、アシスタントはその管理職の勉強をする時期だと思ってくれればいいよ。

K今いるお酒のエリアでいうと、まずはお酒の責任者になって、その後は1階全体を見る、というイメージだと思うのね。
そして1階全体を見れたら、1階と2階の責任者としてリーダーになる。1階と2階を見ながら数字の管理までできるようになると、マネージャーとかになってくる、という感じです。

Fなるほど、そういう感じなんですね。
営業所にしろ業務内容にしろ、いろいろ知ってみたいな、という風には考えています。
今は飛島第二にしかいないんですけど、きっと現場によって進め方や人の使い方、物の管理とかも違うはずなので。いろいろ知って、トータル的にいいところだけを自分なりに取り入れていきたいな、と。

Oいいこと言うね、Fくんは現場系の総合職がいいのかな。例えば事務とか管理とか、そういった業務は?

Fそっちはやったことないですが、どうなんですかね?僕には分からないので判断はお任せします。

名正運輸で活躍できそうなのはどんな人?

Oまず絶対に必要なスキルは、普通に挨拶できて元気な人。そういう人じゃないと多分難しいんじゃないかな。
その上で、なるべく意見をはっきり言ってくれる人だといいですね。あとは事務業務とかもあるので、Excelやパソコン操作ができるほうが活躍の幅は広がるかなと思います。
でもやはり人柄が一番大事かなと思うので、そこは第一優先です。

K名正運輸は上司を立てるというよりも現場主義、お客様第一なので、目の前の仕事を一番に考えられる人が活躍できるのかな。建前より本音を大事にする人が合っていると思います。
あと今本当に若い人が少ないので、できるだけ若い人を増やしていきたいです。
若くてやる気があって、仕事を楽しめる人。自分はこうしたい、ああしたいという気持ちを持っている人なら、何人でも欲しいですね。

F僕は、人を選ばず誰とでも接していける人がいいかなと思います。
いろんなパートさんもいらっしゃるし、実習生もいるんですよ。この人は良い、この人は嫌だ、みたいな選り好みしない人の方が、より楽しく働けるのかなと思います。

総合職インタビュー先輩メッセージ

先輩からのメッセージ

名正運輸みたいに仲良くコミュニケーションを取りながらやれる仕事って、すごく魅力的だと思いますよ。ぜひ一緒になってがんばっていきましょう。

総合職インタビュー先輩メッセージ

先輩からのメッセージ

これからの若い人達の考え方を僕らが受け入れて、一緒に改善していけるといいですね。名正運輸は50年間ずっと食品に携わってきて、今後はいろいろなチャネルの物流を、という話が出ています。現時点では僕らが想像すらしていないような物流があるかもしれないし、その物流の幅を若い人達と一緒に広げていく未来が理想です。豊かな発想ができる人と出会えるのを、楽しみにしています。

トップへ